ネットに流れる関ジャニ∞の裏ニュースをお届け

関ジャニ∞横山裕が亡き母への想いを込めた「オニギシ」が切なすぎる

関ジャニ∞横山裕が過去に父から暴力を振るわれていたそうですが母との親子仲はどうだったのでしょうか?今では自分で過去の事を笑顔で話したりすることもありますが、関ジャニ∞のファンが急増しているとともにYahoo!知恵袋などで過去の質問も増えていますので横山裕の父、そして母についてまとめてみました。

横山裕画像1

 

横山裕が父から暴力を振るわれていたのはいつ?

横山裕が3歳の時に両親が離婚しました。実の父とはそれきりだそうです。そして翌年母が再婚するのですが、この再婚相手が意味もなく横山裕に暴力を振るっていました。なので正確には義父ですね。そして横山裕は母方の祖父母の元へ預けられることになりますが、中学の時に祖父が他界し実家に戻ります。その後また理由のない暴力を受ける日々が続いたそうで、高校へも進学せず中学の頃からバイトで家計を支えていました。(画像は2才くらいだそうです)

横山幼少画像2

 

横山裕と母の親子関係は?

暴力を受けていた時、母親はどうしていたのか?という事について横山裕を実家へと追い出した、ジャニーズへ売ったなどと言われていたりもするようですが、父親の暴力から助けるために実家へ預けたという事も考えられますし、ジャニーズ入りは横山裕が履歴書をどこに送ったらいいかわからなくて放置していたところ、母が調べて出してくれたとも言われています。

横山裕は母親と仲が悪いといいながらも自分を心配して毎日電話してくる母の事を嬉しそうに話していたり、母が作るしょっぱいおにぎりが大好きで子供の頃はオニギシと言っていた事、そして母に向けた「オニギシ」という歌を作っている事を考えても母親への愛が感じられますね。

横山母画像3

 

 

横山裕が母へ向けて作った「オニギシ」

横山裕の作った「オニギシ」は2006年のアルバム「FTO」(初回プレス盤のみ)に収録されているバラードでファンの間でも有名な曲でした。
KJ1 F・T・O (初回限定盤)(DVD付)

オニギシ画像4

歌う本人もたまに涙ぐみながらという場面もあったのですが、2010年の5月16日横山裕のソロコンサート青森公演では「オニギシ」を歌う時、客席に背を向けたまま歌い中盤で泣き崩れてしまったんです。実はソロコンサートが始まる4時間前に母親が突然倒れ、他界したという報告を受けていました。それでも仕事に穴はあけられないとソロコンサートをやり遂げたそうです。

そしてその後父違いの弟2人を母に代わって面倒みています。いつもはテレビで笑顔を振りまいていますが、たくさん辛いことがあったんですね。ソロコンサートでの「オニギシ」はきっとお母さんにも届いていることでしょう。

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る